【日刊・英国生活】旅の裏技(2)―あなたは最速直行便派?ゆったり経由便派?―

「日刊英国生活」では、英国留学を応援する企業エスティーエートラベルさんに、留学中の旅の裏技を全3回にわたって紹介していただいています。第2回目の今回は、英国へのフライトについて。
——————————————————————————————

英国行きを心に決め、留学先も決まった…その次に必要なものはやはり日本からの航空券! 英国にはたくさんの航空会社が就航しているので、どれを利用するのか悩みどころ。
そこで、ちょっとだけ旅のアドバイスをさせていただきます!

現在、日本から英国への直行便はロンドンのみ。途中、乗り換えもなく約12時間30分のフライトで、ロンドンまでひとっ飛び! 成田空港発の場合、その多くがお昼前後に成田を出発し、機内食を食べ、映画を見て、ゆっくり寝ている間にロンドンへ。ロンドン・ヒースロー空港には午後の3-4時くらいに到着するので、ロンドン市内周辺の滞在なら、暗くなる前に宿泊施設までの移動が可能です。あまり海外旅行に慣れていない方や、とにかく最短ルートで行きたいという方にはおすすめです。

airplane_photo_540

直行便以外を利用する場合は、英国以外の国で一度飛行機を乗り換える必要があります。もちろん、直行便に比べて飛行時間がかかりますが、英国に行く途中もしくは帰国の途中に、経由地で途中降機ができ、観光を楽しむことができます。経由便は様々な航空会社があるので、どこで途中降機ができるか簡単に分かる方法をご案内。たとえばシンガポール航空はその名のとおり”シンガポール”の航空会社。その場合は、日本-シンガポール-ロンドンと、シンガポールを起点に2つのフライトを乗ることになるので、シンガポールでの途中降機が可能。利用する航空会社がどの国の航空会社かが分かると、途中下車できる場所が分かります。アジア系以外でも KLM オランダ航空の場合はアムステルダム、スカンジナビア航空はコペンハーゲンなど、ヨーロッパ経由もありますので、イギリス滞在の後に、ヨーロッパを観光したい! という方には、経由便でもヨーロッパ系の航空会社の利用がお得です。最近では、セレブに大人気のドバイなどの中近東を経由するものもあるので、経由便は安いだけでなく、一度の海外旅行で二度楽しめるお得なプランなのです。また、アジア系の航空会社(大韓航空、キャセイパシフィック、シンガポール航空等)は、成田以外の日本国内からも就航しているので、一度成田に来なくても、近くの空港から出発することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA