あと一週間!

最近更新のペースがいまいちで申し訳ないです。いよいよあと一週間で Term 1 が終了です! 冬休み前に提出するべくエッセイは一応書き終え、後はもう一度見直しをして、2部コピーして Facility office に提出すれば、晴れて冬休みです(もちろん、講義は18日まであります!)。

ただ、次、5000字書かなくてはいけない分野のエッセイタイトルが発表されたので、冬休みもそれなりに忙しくなりそうです…私の場合、Term 2 はかなりハードなので、冬休み中に少しはこの5000字のエッセイ進めておかないと…! でも、この1週間でタイトルを決めたり本をコピーしたりできるのかな? と少し不安(冷汗) 冬休みは何もしなさそうな…

多くの友人はヨーロッパを旅行するようです。私は日本に帰るので、UP をしばらくお休みさせていただきます。日本でエッセイ…難しいですよね…笑

ちなみに、冬休みは3週間ほどで、SOAS の MSc Development Studies に関しては Term 1 に行われる試験はありません。

先日ディサテーションに関するレクチャーがあり、どのように展開すればいいか、などのアドバイスを含めた講義がありました。まだ、目の前のことでいっぱいいっぱいなのもあるし、試験でさえどうなるかわからないので、ディサテーションのことは考えられないのですが…! 現実問題、アドバイザーをどうやって見つけようか、何を基準に決めようか(自分で誰にするかを決めなくてはならず、アドバイザーと展開したいことなどを色々ディスカッションしながらディサテーションを書き上げます)、何について書こうかなど、不安材料たっぷりです(笑)

レクチャーでは、マスターは博士号とは違うから、新しいオリジナルな意見を書こうと考えすぎたり、新しすぎるトピックに飛びついてアカデミックな資料の不足といった事態に陥ったりしないように、とのアドバイスをもらいました。

また、来週で In-sessional class (これは自分の希望のものが取れて、私の場合は以前書いたとおり文法が不安だったので、文法のコースを選択しました)も終わります。次のタームも取りたい人は取れるようですが、次は試験もあるし、私は取らないつもりです。ただ、個人的な感想としては、先生に恵まれたためか、非常にポイントを付いていて、わかりやすいクラスでした。Pre-sessional class の時は、時間がないなどの理由で、クラスメートが文法のことを聞いても説明があまり十分ではないこともあったのですが、この In-sessional の先生が Pre もしたらいいのに…と思うくらいでした(あくまで個人的な感想ですが…)。

マスターでのコースと、Tutorial のクラスの英語のレベルがあまりに高すぎるので、In-sessional のようなクラスに行くと、なんか安心できるものがあります! (皆の使う英語が簡単なのと、同じようなところで引っかかってるので…苦笑) In-sessional のクラスは週に1回、2時間のみの文法のクラスですが、エッセイで使える表現や、リーディングの理解度を増すための文法を勉強できました☆

Term 1 が終りに近づいているからか、一日、一週間がものすごい勢いで過ぎていってる感じです。ただ、最近友人とも話していることなんですが、図書館にこもってばかりではなく、息抜き(一日図書館に行かない日を作るなど)をきちんと入れないと疲れがたまるだけで、結局効率が悪いと思います。やはり、友達と出かけるなど、いいストレス解消も取り入れなければ! と思いました。

ちなみに、私は今、エッセイから解放され、最後のプレゼンの準備をするべきなんでしょうけど…すごい量の DVD を買ったので、家に帰ってずーーっと見て、寛ぎモードです!^^ 経済的にはよくないんだと思いますが、円高、ありがたいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA