[イギリス留学体験記]寮でのイベント

今回は寮で頻繁に行われるさまざまなイベントを紹介します。
わたしが生活している学校は結構小さいので、20人ほどしか寮生がいません。大きいところになるとなんと100人いるとか…! この学校は小さい寮なぶん、ひとりひとりをよく知ることができるし、みんなが楽しめるイベントが開催されるので住み心地がとても良いです。ちなみに週末になると、ほとんどの場合私以外に中国あるいは香港の子だけが寮にいます(イギリスに家がある子たちはそこに週末だけ帰るため)。

一学期に一度くらいは寮全体で夕食を食べに行きます。先週末は、町にある中国料理のお店に行きましたが、他にもイタリアン、ファーストフード(いつでも大人気のオプション)などなどにも行ったことがあります。

普段は食堂で6人掛けのテーブルに座って食事をするので、たまにはみんなで大きなテーブルを囲んで食事をするのも良いものです。こういうときに、普段あまり話したことがない子とも交流ができたりして。

食事のほかにも、夏休み前には新しい寮長さん一家との交流も兼ねて Wicksteed Park に行ってきました。Alton Towers ほどのスケールの遊園地ではないけど、幅広い年代の人が楽しめるテーマパークになっています。ここでは自由時間にジェットコースター恐怖症の私にはぴったりのミニのジェットコースターに乗ったり、宙に浮く自転車を一生懸命こいだり、バナナの車に乗ってふざけたり…。寮生活は一つの場所に留まざるを得ないので(大学の寮はまた違うと思いますが)、こういう機会があるとみんな思いっきりはりきっちゃいます。

特に大きなイベントがない週末は土曜日に映画を観にいったり、アイススケートやボーリングにも行きます。
その中でも定番になってきたイベントといったら、やっぱり誕生日パーティー。このところ続けて数人の誕生日だったので、夕食のときに灯りを消して一斉に ‘Happy Birth Day To You’ の歌をみんなで合唱…そして恒例のキッチンスタッフ手作りのキャンドル付きチョコレートケーキをみんなでシェアします。あとはイースターエッグハンティングや、ハロウィーンの肝試し(怖がりのわたしは未だに参加したことがありません…)、スポーツ(ネットボール、ベンチボール、バスケットボール、バドミントン)など、とにかくありとあらゆるイベントが開催される良い意味で忙しい寮生活です。

ついつい勉強に集中しようとしすぎてしまう最終学年の私にとっては特に、こういう皆と笑いを分かち合えるイベントが息抜きになります。この寮で過ごす時間も残すところあと8か月ほどなので、一日一日大事にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA