ロンドン生活

20101126_4_540
みなさんお元気ですか。日本もだんだん寒くなってきたみたいですね。こちらはやっと冬の空気が流れ込んできたようで、とても気持ちが良いです。雪の予報も出ていますが、今のところ当たっていません…。

ロンドンはもうクリスマス一色です! ハロウィーンが終わった途端にクリスマスに切り替わるイギリスの(日本もそうなのでしょうか?)気の早さにはいつも笑わされます。ハロウィーンといえば、大学で大きなハロウィーンパーティーがありました。これまでもたくさんパーティーやイベントが行われてきて、そのほとんどが大学のキャンパス内であることに最初はびっくりしたのですが、もう慣れてしまいました。こういうリベラルな雰囲気がとても素敵な SOAS です。

冬休みまでにエッセーが三つもあるのでこれから一段と忙しくなりそうですが、毎日充実しています。最近になってやっとロンドンでしか出来ないこと・行けない場所に行き始めました。数週間前には、友達と有名な Camden に行き、マーケットを思う存分楽しみました。なんだか原宿の大きくてもう少し雑然としている感じで、「ここに住みたい!」と思うほど気に入りました。ヴィンテージショップや、マーケット等が特に良かったです。それにしても大きいので一日ではとても制覇出来ず…次回は Stables Market に行く予定です。

さて、最近ニュースでも取り上げられていると思いますが、イギリスでは大学の学費の制限がなくなる(その他にも色々あるのですが、これが学生達の怒りの主な理由です)ということでデモ、プロテスト、オキュペーション等色々な形で学生が政府に訴えかけています。政府は、「トラディショナル」(サイエンス、数学、英語等)な教科以外への支援を止めると言っているので人文科学が多い SOAS に深く影響してくる問題です。本当に残念ながら私はデモに参加出来なかったのですが、こうやって何万人の学生達が国中から集まって政府に訴えかけていく活動はとても重要だと思います。ただ、数人が暴力的になってしまったばかりにデモの真の理由が傷つけられてしまったという意見も多いようです。

そんなわけで、大学はいつにも増して活動的です。私は、今はとりえあえず全精神をエッセーに集中させたいと思います…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA