[留学体験記]Kyokoの現地レポート(13)

9月28日から順次エンロールメントの手続きに行くよう、学校から案内のメールが届きました。アルファベット順に日時がある程度指定され、私は29日の11時-でした。

なのに、時間指定は実は全然関係なく、できるだけ10時前に行って並んだほうがいいとの情報が! 28日にたまたま学校に行った子がいつでもいいことを知り、「明日に行くけど恭子はどうする??」と連絡をくれました。もともと29日に行くつもりだったし、「早めに行く!」と返事。

あまりに人が多すぎて本当に驚いたけど、それでも私は運良く1時間並んだだけで済みました。前日に手続きをした子は3時間近くかかったらしいです(私が登録した日も昼過ぎから並んだ子は本当に時間がかかったようです)。先ほど学校に行ったらまだ、図書館のあたりまで長蛇の列が…!

原因は恐らく、BA も MA も PhD もすべて同じ場所で手続きしているからだと思います。

それは効率が悪すぎるでしょう…と日本人からしたら思うけど、そこはイギリス。ご愛敬!? もちろん、学校によってはもう少し効率がいいところもありますが。なぜネットで手続きができないかが不思議…ちなみに事前にコースをオンラインで登録するよう二度も催促があったにもかかわらず、エンロールメント当日に手書きでもう一度申請しなければならず、不思議なことだらけでした。

4枚必要とされていた証明写真も、一枚も使われることがありませんでした…(使い道を尋ねても学生証の発行の時に使うと言われ、カード発行時はウェブカメラで撮影・その場で発行されたため、本当は要りませんでした…)

大学院は Pre-sessional の時とは大違いなくらいの人の数。毎日のようにフレッシュマンのためのパーティーがあるようです。私は参加していませんが、いろんな友達を作るチャンスがちゃんと用意されています。学生カードにもコピーのチャージが入っていたりと、学生生活がいよいよ本格的にスタートした感じです!

カラオケに行く途中は、カラオケよりもカフェに行きたい!! と、ロンドンのカフェの話などで盛り上がりました。ここのカフェがロンドンでは一番おいしいようです。友人もクリーミーで美味しいと褒めていました!! 是非行ってみてください。Covent Garden が最寄り駅です。

でもカラオケを終えたら、カラオケ楽しかったねー! の話題一色に。凄く久々のカラオケだったんですが、少しホームシック気味の私には、本当に楽しくて、いいリフレッシュでした。(コースがひと段落ついたらついつい気が抜けて、ホームシックになりやすいんです!笑)カラオケの事をフランス人の友人に話したら、次回は私も!! と参加表明してくれました。近々また行くことになりそうです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA