留学 -勉強と遊びのバランス

最終学年の13年生になると勉強と遊びのバランスをとるのがとても難しくなります。宿題は毎日出るし、コースワークやプレゼンテーションなど長期のプロジェクトも課題として出るので、うかうかしているといつの間にか山のような宿題が積み重なっていることもしばしば…。

こちらでは、GCSE でも A-level でもコースワークというものがあります。最終的のグレードの何十パーセントにも値するので、かなりの時間と能力を必要とします。コースワークは試験と違って先生からある程度のアドバイスがもらえるので高得点を狙えます。

私が選択している科目は、Biology (生物)・Religious Studies (宗教)・History (歴史)の3科目なのですが、宗教と歴史がどちらもエッセーベースの科目なので宿題は結構「重い」ものが多いです。生物ではコースワークではなくて、ISA というものをします。ISA は実験と筆記試験があり、どちらも一切先生の力を借りてはいけないのでとても難しいです。それでも、実際の科学者になるには自分自身で実験をデザインし、結果をデータに表わすなんてことは基本中の基本なので役に立つ科学の教え方だなーとつくづく感じます。宗教はコースワークではなく、去年は Investigations というものをしました。これは、exam board から指定されたトピック内で自分の好きなものを選んでとことん勉強し、試験ではそれに関連した質問に答えるというものです。私は Just War Theory を選択し、戦争・平和について色々な面から学習出来たのでとても興味深かったです。

歴史では、今コースワーク書きあげ真っただ中…! 歴史は2つのユニットがあり、今年はアメリカ(世界大恐慌―冷戦の頃まで)とアイルランド・ブリタンの関係について勉強しています。コースワークはアイルランドについて…今まで全く何も知らなかったことについて2000文字のエッセーをかくのは大変ですが、完成したものを読むときの快感は言葉になりません。

さて、勉強三昧な感じに聞こえてしまっていますが、ちゃんと息抜きもしています。
先週の日曜日には寮生みんなでカーティングに行ってきました! 初めての体験だったので遊びのはずなのに何故だか緊張気味。それでもカートを運転しだしたら楽しくて仕方がありませんでした。私は安全運転を心掛けていたので(本当のドライブではないにもかかわらず)、何回も猛スピードの友達が横を突っ走っていくのをただただ見つめていました。次回はもう少し競争心をもって挑戦したいと思います。

そして今週末には Alice In Wonderland を 3D で観てきます!! Johnny Depp が大好きで、彼の出演している映画は良いものしかないのでとても期待しています。もう5年間も英語で映画を見続けていると、日本で放映されている吹き替え版になんとなく拒否反応を覚えます。英語で聞くと吹き出してしまうほど面白いジョークが、吹き替えになったとたんに劇場から笑いひとつ聞こえないつまらないコメントになってしまっていたり、かっこいい俳優の声がアニメのキャラクターのような声になってしまっていたり…。個人的に、オリジナルの映画を台無しにしてしまうような気がします。英語(字幕でも良いですし)で映画を観ると勉強にもなりますしね!

息抜きといえば、趣味のランニングを再開したので頑張って毎日継続していこうと思います。2日前には友達と、学校から徒歩5分ほどの Rowing lake を一周してきました。好きな音楽が流れるなか、冷たく心地よい風を切って走るのは一番のストレス解消法です。

ということで、誘惑がたくさんある生活ですがセルフコントロールを忘れずに、やるべきことをやってから思い切り遊びを楽しんでいる毎日です。忙しい毎日ですが、みなさんも息抜きを忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA