【日刊・英国生活】旅の裏技(2)―あなたは最速直行便派?ゆったり経由便派?―

「日刊英国生活」では、英国留学を応援する企業エスティーエートラベルさんに、留学中の旅の裏技を全3回にわたって紹介していただいています。第2回目の今回は、英国へのフライトについて。
——————————————————————————————

英国行きを心に決め、留学先も決まった…その次に必要なものはやはり日本からの航空券! 英国にはたくさんの航空会社が就航しているので、どれを利用するのか悩みどころ。
そこで、ちょっとだけ旅のアドバイスをさせていただきます!

現在、日本から英国への直行便はロンドンのみ。途中、乗り換えもなく約12時間30分のフライトで、ロンドンまでひとっ飛び! 成田空港発の場合、その多くがお昼前後に成田を出発し、機内食を食べ、映画を見て、ゆっくり寝ている間にロンドンへ。ロンドン・ヒースロー空港には午後の3-4時くらいに到着するので、ロンドン市内周辺の滞在なら、暗くなる前に宿泊施設までの移動が可能です。あまり海外旅行に慣れていない方や、とにかく最短ルートで行きたいという方にはおすすめです。

airplane_photo_540

直行便以外を利用する場合は、英国以外の国で一度飛行機を乗り換える必要があります。もちろん、直行便に比べて飛行時間がかかりますが、英国に行く途中もしくは帰国の途中に、経由地で途中降機ができ、観光を楽しむことができます。経由便は様々な航空会社があるので、どこで途中降機ができるか簡単に分かる方法をご案内。たとえばシンガポール航空はその名のとおり”シンガポール”の航空会社。その場合は、日本-シンガポール-ロンドンと、シンガポールを起点に2つのフライトを乗ることになるので、シンガポールでの途中降機が可能。利用する航空会社がどの国の航空会社かが分かると、途中下車できる場所が分かります。アジア系以外でも KLM オランダ航空の場合はアムステルダム、スカンジナビア航空はコペンハーゲンなど、ヨーロッパ経由もありますので、イギリス滞在の後に、ヨーロッパを観光したい! という方には、経由便でもヨーロッパ系の航空会社の利用がお得です。最近では、セレブに大人気のドバイなどの中近東を経由するものもあるので、経由便は安いだけでなく、一度の海外旅行で二度楽しめるお得なプランなのです。また、アジア系の航空会社(大韓航空、キャセイパシフィック、シンガポール航空等)は、成田以外の日本国内からも就航しているので、一度成田に来なくても、近くの空港から出発することが可能です。

【日刊・英国生活】旅の裏技(3)―安いだけじゃない!国際交流も楽しめるホステル滞在―

「日刊英国生活」では、英国留学を応援する企業エスティーエートラベルさんに、留学中の旅の裏技を全3回にわたって紹介していただいています。最終回となる今回は、ホステルの上手な利用方法について。

英国には B&B と呼ばれる民宿タイプの宿泊施設がたくさんありますが、B&B と同様に通常のホテルよりも安く泊まれる場所として人気なのがホステル。一昔前は、ホステル=きたない安宿…というイメージがありましたが、今やホステルも質を問われる時代。基本のコンセプトは変わらず “安く旅を楽しみたい人向け” ですが、それだけではなくなってきています。ホステルとホテルの大きな違いは、基本お部屋が相部屋になっていること。通常4 – 8名が2段ベッドのある大部屋に泊まり、洗面所やシャワーは共同利用。基本は男女相部屋になりますが、施設によっては追加代金なしで女性専用ルームを持っていたり、カップルや個室を希望する人に、ホテルのような個室タイプのお部屋を持っているところもあります。

また、ホステルの醍醐味は世界中から集まってくる旅人たちとコミュニケーションを楽しめること。同室になった人達と今までの旅の話で盛り上がったり、これからの旅のプランを話しているうちに、一緒に旅をしよう! 意気投合したり! また、ほとんどのホステルにはラウンジと呼ばれる TV (場所によってはビリヤードなども!)が置いてある場所が、社交場になっているので、恥ずかしがらずに “HELLO” の一言から入っていくと、知らない間にたくさんの国に友達ができることも。

特にひとり旅をする場合は、普通のホテルでは結構な金額がかかるので、ホステル滞在はおすすめです。また、長期滞在する人も多いので、ホステルには共同キッチンやランドリー施設もあり、留学する前の寮滞在やホームステイに入る前に少しどこかで落ち着きたい! という場合にも活用できます。

英国内にはロンドンはもちろんのこと、他の都市にもホステルがたくさんあります。エスティーエートラベルでは、日本からの英国内のホステル予約が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ロンドン生活

20101126_4_540
みなさんお元気ですか。日本もだんだん寒くなってきたみたいですね。こちらはやっと冬の空気が流れ込んできたようで、とても気持ちが良いです。雪の予報も出ていますが、今のところ当たっていません…。

ロンドンはもうクリスマス一色です! ハロウィーンが終わった途端にクリスマスに切り替わるイギリスの(日本もそうなのでしょうか?)気の早さにはいつも笑わされます。ハロウィーンといえば、大学で大きなハロウィーンパーティーがありました。これまでもたくさんパーティーやイベントが行われてきて、そのほとんどが大学のキャンパス内であることに最初はびっくりしたのですが、もう慣れてしまいました。こういうリベラルな雰囲気がとても素敵な SOAS です。

冬休みまでにエッセーが三つもあるのでこれから一段と忙しくなりそうですが、毎日充実しています。最近になってやっとロンドンでしか出来ないこと・行けない場所に行き始めました。数週間前には、友達と有名な Camden に行き、マーケットを思う存分楽しみました。なんだか原宿の大きくてもう少し雑然としている感じで、「ここに住みたい!」と思うほど気に入りました。ヴィンテージショップや、マーケット等が特に良かったです。それにしても大きいので一日ではとても制覇出来ず…次回は Stables Market に行く予定です。

さて、最近ニュースでも取り上げられていると思いますが、イギリスでは大学の学費の制限がなくなる(その他にも色々あるのですが、これが学生達の怒りの主な理由です)ということでデモ、プロテスト、オキュペーション等色々な形で学生が政府に訴えかけています。政府は、「トラディショナル」(サイエンス、数学、英語等)な教科以外への支援を止めると言っているので人文科学が多い SOAS に深く影響してくる問題です。本当に残念ながら私はデモに参加出来なかったのですが、こうやって何万人の学生達が国中から集まって政府に訴えかけていく活動はとても重要だと思います。ただ、数人が暴力的になってしまったばかりにデモの真の理由が傷つけられてしまったという意見も多いようです。

そんなわけで、大学はいつにも増して活動的です。私は、今はとりえあえず全精神をエッセーに集中させたいと思います…。

新年 明けましておめでとうございます。

さて、私は10日間ほどの日本での冬休みを終えて、明日からの大学生活に備えています。本当は18日間ほど日本で過ごせる予定だったのですが、3cm ほど積もった雪のせいで19日のフライトがキャンセルになり、そのまま26日まで帰国出来ませんでした。ロンドンで年越しをする友達が大多数だったものの、クリスマスは帰宅してしまう友達がほとんどだったので23日から私のフラットは空っぽになってしまいました。

20110109_1_540
過去数年間は毎年積雪があるのにもかかわらず、雪によって閉鎖されたヒースロー空港の説明は「イギリス(ロンドン)ではあまり雪が降らないから、対応に慣れていない」というものでした。まあ、数日ロンドン滞在が伸びたおかげでクリスマスショッピングがゆっくりと出来たのは良かったのですが。来年は同じ事が起きないことを祈ります。

20110109_2_540

そしてもっと重要なニュースといえば、政府の Education Cuts。とうとう可決されてしまいましたね…。それも21人という小さなギャップで。これを機に民主主義とはなんなのか問われている気がします。これに関連した学生デモは日本のニュースでも少々取り上げられていたとは思いますが、(前回の記事で触れたように)まるで学生デモ=暴力的というイメージをメディアが作り上げているように感じました。暴力的になったのは数人だけであり、それが広がってしまった原因は主に警察の対応だと学生達は考えています。「Kettling」という方法(デモ隊を警察の輪で囲む)でデモを抑制しようとした警察なのですが、全くの逆効果でした。というのも、その警察の輪の中に7,8時間、水も洗面所も食べ物もない状態で閉じ込められれば、誰も怒らずにはいられないでしょう。

この一連の事件を通して、色々な問題が浮き彫りにされたように感じました。あまりエネルギーがない今の日本にも、何か大きな変化を起こす可能性がある運動が必要なのかもしれません。

と、少し政治的な話になってしまいましたが…日本とイギリスという、これだけ違う二つの国を行き来していると、日本に留まっていたら思いつかなかっただろう様々な疑問や問題が浮かんできます。

そして、留学し始めてから今まで気付かなかった日本の良いところ、ユニークなところが認識出来るようになってきたと思います。特に SOAS 生としての生活を始めてからは、日本の文化に興味がある人や、まさに日本と恋に落ちている人と出会う機会がとても多いので、日本の文化や日本語の美しさを再確認しています。留学し始めてから、日本語、特に昔大好きだった漢字をどんどん忘れていってしまっているので、今年は漢字を勉強したいと思っています。

では、今年がみなさんにとって良い年になりますように。

[留学体験記]イギリス留学を終えて

こちらはやっと春到来! というような暖かい気温が続いていたのですが、先週・今週とまた冬の天候に戻ってしまいました。とても寒いです。

さて、急なお知らせなのですが、今までこちら、「もっと!英国留学」の留学体験記コーナーに私の留学生活について投稿させてもらってきたのですが、これからはメインサイトの「Education UK 」に Education UK オンライン大使として参加させていただくことになったので、これからはこちらのリンクから(http://www.educationuk-blog.jp/)、興味がある方は私のブログを覗いてみてください(. dazzling gaze. という名前のブログです)。

ブログでは留学生活に限らず、自由気ままに色々なことについて綴っています(ロンドンに移ってから没頭している音楽のことが最近の記事を支配しています…!)。なので、今までの体験記よりもかなりインフォーマルなスタイルです。

今までここに綴ってきた私の留学体験が少しでも役に立ったり、インスピレーションになったのなら私は more than 満足です。留学し始めてから日本語が錆びれてしまっているのは自覚しているのですが、それにも拘らず今まで体験記を読んでくれた皆さん、ありがとうございました。