LSE(大学院・ファイナンス)入学の難易度について

こんにちは。
私は慶応大学の経済学部1回生のものです。
高校生のときから大学卒業後にLSEに留学することを目標としてきました。
そこで質問なのですが、
・LSE志望者の中で私の学歴(慶応学部卒・職務経験なしで受験予定)では学歴的に劣っていると思うのですが合格の可能性はあるのでしょうか?(あるサイトにLSEの経済は東大→財務省の人が15人受けて2人しか受からないと書いてあったので)
・GPAの最低条件は3.3のようですが実際に慶応卒で通るにはどの程度のGPAがボーダーなのでしょうか?
受けてみなければわからないことなので答えづらいかも知れませんが、憶測で結構ですのでお願いします。

————————————————————

大学は問題ないと思いますが(というより大学は、世界ランクにとりあえず名前がのってるくらいの大学であれば、日本の大学で教育をうけている点で同じなので、どこも大差ないです)、GPAは3.5以上は当然のレベルとして、もっておかないと不安でしょう。職務経験は3年は取り合えずつんでからにしないとMBAのファイナンスの場合は無理だとおもいますが。MScの場合は直接行く人もいます。しかしながら職歴がないなかでは、せっかくの機会に学ぶものも少なくなるので、考えどころです。また職歴があったほうが、CV審査にも有利です。また、どの教授または、職歴のある場合は、その銀行などでの役職者に効果的な推薦状を書いてもらうかも、重要です。学部の間から交換留学等で、英語圏での学習の経験をつんでいると、対応力を評価されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA