マイナス金利の影響が生命保険にも出ています。

日本生命が、マイナス金利の影響のため月払いタイプの保険の値上げを発表しました。
生命保険会社は、加入者から集めた保険料を支払保険金の為にストックしておくだけではなく、保険料を運用をして利益を上げています。予め運用による利益を見込んで保険料を決定しているので、運用収益が下がっていれば保険料が上がってしまうのは仕方ないでしょう。

今回は4月2日以降の新規契約分に関しての値上げと予定利率の引き下げとなるようですが、今後もマイナス金利が続いて運用収益が低迷し続けると、既存の生命保険に関しても値上げや受け取る保険金の減額されることが心配です。

既存の保険に関しても、予め想定してた運用収益を元に保険料を決定しています。このまま想定以上の運用収益の低下が続けば、保険金を支払うためのストック(責任準備金)が不足し、保険金の支払額が減額されたり、保険料が上がるリスクもあります。

ゼロ金利政策はいつまで続くか分かりませんが、今後も続けば生命保険業界にとっては大打撃となります。少しでも保険料の値上げを防ぐためには、コストの削減が必要になってくるかもしれません。コスト削減の一環で、人件費を削減することになれば、経済を活性化させるためのゼロ金利政策も逆効果になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA